koji

JJ1JHC

モービル専門、7 & 10MHz CWがメインバンド、時々プチ移動してます


2018年6月24日日曜日

本日の運用

29MHzFMでワッチしたが全くだめなので6mへQSY
2局ほど交信できた

このアンテナアナラーザーはオークションで購入した
Tポイントで1万円分あったので実質5千円でゲット
2エリアのOMさんの自作品ですが凄く使いやすいくて愛用しています
HF~50MHzまで使えます
いいですよ~


FT-817用リチウムポリマー電池3000mAh Windcamp製

FT-817を移動運用で使うのに便利なWindcamp製リチウムポリマー電池を購入した
純正品(同梱のもの)は全然使った記憶が無い(というかあんまし使えなかった)
今回かなりの期待を持って購入(約1万円)
中国から直接購入すると6千円くらいで購入できることがあとになってわかったが国内の販売業者の方がチェックしてくれているし不良交換も対応しているようなので安心して買えた。
だいたい5Wフルパワーで2時間、電圧が少し下がったところで2.5W運用にして2時間くらい、トータルで4~5時間は使えそうですね
初めから2.5W運用なら5~6時間はいけそうな気がしますが。。

バッテリーは専用ハッチの下にある
充電時はスイッチをOFFにする
又、電池運用でなくて外部電源を使う場合もスイッチはOFFにする

専用の充電器(満タン充電で赤色から緑色になる)

今日、カラッボになったので充電しているが2時間半くらいで緑色(満タン)になった


LPFユニットの製作

HFオールバンダーLPFユニット基板の製作を始めた
まずは手始めに7MHzと10MHzのコイル巻き6個とコンデンサーの半田付けです



この基板には5バンド分(7、10、14、21、28MHz)のLPFが搭載できる
1バンド分のシングルPCB(3.5MHz用)が同梱されているので
RFコンバーター回路を別途自分で作れば3.5MHzも可能
又、50MHzのPLL信号も出ているから50MHzにするのも面白いかもしれない
私は50MHzを追加したいと思っている
その場合、RFコンバーター基板からダイオードスイッチ回路を追加して信号を引っ張って再びRFコンバーター基板に戻すのに少し工夫が必要かと


コイルの手巻きをすると自作したという気持ちがさらにアップ↑します
大変ですが楽しいですよ~

つづく


2018年6月23日土曜日

CW powerが殆ど出ない症状直った

HFオールバンダーキットのSSBはPowerが出るのにCWモードだと殆ど出ないのが気になっていました
Generator基板SN16193P(Pin5)に印加するDC用抵抗R12は74K⇒17Kに既に変更しているはずと思い、先日ファイナル飛ばした時(Id調整中にGNDショート)、Keying用TR(2SA1015)も飛んだろうということで今朝交換してみた。
ところが外した2SA1015は壊れていなかった!!

はて、しばし考えて念のためGenerator基板のR12を外してテスターで測定すると74Kオーム、思いっきり勘違いしておりました(汗)

抵抗を手持ちの16Kオームに交換したところ気持ち良くCWモードでもPowerが出るようになりました。


セミブレークインもいい感じです。
各バンドの出力は以下の通りでした(CWモード時)
7MHz 800mW
10MHz 700mW
14MHz 750mW
18MHz 600mW
21MHz 500mW
24MHz 500mW
28MHz 500mW

7MHzと10MHzは例えば7MHzをMaxにコア調整すると10MHzが少し落ち、10MHzをMaxにすると7MHzが少し(100mW弱)落ちますが7MHz側に合わせておきました。

JK1XKPさんよりPLL Local VFO改善用パーツを送って頂きました。
詳しい取説が付いているので数キロヘルツずれる症状を直したいと思います。


つづく~



2018年6月20日水曜日

HFトランシーバーキット製作(送信部調整)

普段は帰宅が22~23時のため夕飯、お風呂だけの時間だけしかないが水曜日は少しだけ早く帰れるようになったのでHFトランシーバーキットの送信部(RFコンバーター)の調整をしてみた。前回までパワーがあまり出なかったがバンドパスフィルターのコア調整が甘かったようです(JK1XKPさんよりアドバイス頂きました)。
A、B、Cバンド用の各コイル(写真の赤枠で囲ったコイル)を念入りに調整した結果、全バンドでおおよそ500mW、バンドによっては500mW以上出るようになった。
全くパワーのでなかった10MHzと18MHzもコアの位置がズレていたことが判明した。



CWモードにした時に殆どパワーが出ないのでDC印加電圧を確認してみようと思います。

LPF基板を作って早くトランシーバーとして使いたい...
完成が見えてきた!
最終段階に入ってきたなあと感じます。

このキットに興味のある方はJK1XKPさんのサイトをご覧くださいませ。

2018年6月17日日曜日

HFオールバンド製作編(JK1XKPさんのキット)

キットを購入したのが昨年の7月末
もう一年近く経つんですね
着手しても他の自作したり、運用に専念したりして
なかなか進まないんです
現在の状況
1.ジェネレーター基板完成
  局発がいまいち不安定みたいです
  特にUSB側
  10PF追加して調整したがクリチカル
  SメーターのカラS振りはシャントXtal追加で改善したけど
  少し症状残っている

2.PLL基板完成
  LCD表示と実際の周波数が数KHzずれてるみたいです
  原因不明
  とりあえずそのまま、後でデバッグ予定

3.RFコンバーター基板完成(トランスバーター基板)
  14MHzだけ1W近くでるけど 
  他のバンドは200mWくらい
  10MHz、18MHzは全くパワー出ないなあ
  バンドごとにカップリングCとFETのソース抵抗調整すればいいと思っている

昨日はRFコンバーターのファイナルを取り付けた
実はアイドル電流測る時にGNDとショートして1個飛ばした
なので近所のサトー電気(小机店)で4個仕入れました@100円と安い




NFのR+Cが回路図と逆でしたが
作者サイトの写真を見たら同じだったし
OKかと思います。

このキットは凄い作りがいがありますよ~
部品数も多いし、回路図と基板、信号の流れを理解して
調整の勘どころ、BPFのコイルもまき直しするし
トロコイル巻きもするし
基板と部品が揃っているだけ楽ですが
10年前に自作したオールバンド(7~50MHz)の経験が無かったたら
自分では無理かな~という感じです

今後の予定
LPF基板を製作
ケース入れする(これが悩みの種なんだ)まだ構想考え中
とりあえず1W機で完成させてから
リニアアンプ10Wは外付けにしようかと
その方が小型にできて楽だし
RFコンバーターとLPFの間はケース外で同軸ケーブルでつないで
簡単に10Wリニアを間に入れられるようにするのだ

つづく



今朝の運用10MHz@みなとみらい

週末の朝練
10MHz@みなとみらい(神奈川区側)


QSOありがとうございましたm(_ _)m
8J2VX 2(伊賀市)
JH1JDI(朝霞市)
JA3MQY(奈良県葛城市)
8J4VLP/4(岡山県勝田郡奈義町)
JP3DGT/3(兵庫県三田市)

JJ1JHCで開局して4ヶ月ほど経ちました
149QSO
0エリアがどうしても交信できませんね
QRPにモービルホイップだから気長にやります