koji

JO1ACW

モービル専門、7 & 10MHz CWがメインバンド、時々プチ移動してます


2018年8月11日土曜日

QRP Labsの Si5351A VFOキット(2)

腰痛と首痛いが。。。
部品数が少ないので頑張ってみた


キットに同梱されている部品は全部使わないので余ります


とりあえず乾電池で電源ON!
初期画面はDiagnostic Modeと表示されますが
左ボタンを押すとVFOモードに切り替わりますよ~

初期画面⇒プログラムのバージョン表示⇒VOFモードとなります。
初期値の10.000.000MHzを表示中

周波数カウンター接続
20Hzしかズレていないから較正しなくてもいいか...
手持ちのGPSモジュールを繋げばQCXトランシーバーみたいに簡単に較正できるようです。あとでやってみよう

色々な使い方ができるみたいなので
オススメです
まずは取説をよく読んでIF周波数のセットなどをやってみます

2018.8.14追記
IF455KHzオフセット設定してみました。

CLK0の出力 27.144MHz

CLK01の出力27.599MHz (27.144MHz + 455KHz)
表示はIFオフセット設定しているので27.144MHz

個人でも合法CB機の技適証明が取得できるので(数万円と高いですが)
Si5351a VFOを使うと簡単にシングルスーパーの合法CB機が製作可能と思う
但しキットオリジナルのままだと周波数連続可変できてしまうのでチャンネル化して8chだけしか送受信できないようにプログラム変更する必要がある。



0 件のコメント: