koji

JO1ACW

モービル専門、7 & 10MHz CWがメインバンド、時々プチ移動してます


2014年4月12日土曜日

久しぶりにKiCAD

CF-W2が壊れてデーターが無くなってしまい、KiCad部品ライブラリーも再構築する必要ができてしまった。まずは7Kコイルの回路記号とフットプリントの作成。
KiCAD、久しぶりに使うので使い方をすっかり忘れていました。
1個の回路記号&フットプリント作成に1時間半も費やしてしまいました。

7Kコイル用回路図記号

 同じく7Kコイル用フットプリント

フットプリントのパッド巾は少し大きめに変更しました。デフォルトだと小さくてハンダが濡れ難いのです。通常スルーホールにしますが片面の場合は強度が弱くなります。


さらに頑張って定番の2SC1815、LM386、半固定抵抗(秋月の安いタイプ)のフットプリントを作成。

KiCADのフットプリント作成って結構ややこしいです。
ProgramフォルダのKiCADフォルダーは読み出しのみで書き込みができないのでユーザーフォルダー内に書き込み可能なhomebrew(例)とか新しくフォルダーを作成してその中にモジュールエディタで一旦新規ライブラリーを作成してモジュールを保存、それからPCBnew(基板エディタ)の設定→ライブラリー→追加で保存した新規ライブラリーを指定、更にモジュールエディタでアクティブな作業ライブラリー(新規ライブラリー)選択してモジュールの編集を再開しないと保存ができません。
うーん、なんだか自分で書いていて訳が分からなくなってきた!


先日製作したウェーブ電子のDDS VFO用狭帯域1石アンプのプリント基板も書いてみました
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

0 件のコメント: